風俗まとめ

奥様電車~関西全駅で待ち合わせ~ 我慢できないスケベな奥様100人以上とスケベ出来ると言うのはマジ??

奥様電車~関西全駅で待ち合わせ~ 我慢できないスケベな奥様100人以上とスケベ出来ると言うのはマジ??画像

出典 http://okusamadensha.com/

本当に自分好みの奥様に出逢えるのかどうか検証してみるぜ!

レイドビキ 298 views 2018年5月31日

どんなリアル体験があるのでしょうか・・・。

半立ちになったチンチンの裏筋をペローリと舐め上げて来ます。

「ん~っあ~っ♪」根元まで咥え込んでは口を引き上げるディープスロート責めに移行する彼女。更には小刻みに出し入れする舌先を使い、肉棒の表面全体へ刺激を加えて来ます。じゅっぽじゅっぽとプレイ開始早々から熟練のテクニックで責められるので、チンチンはガッチガチに勃起。真っ赤に充血したチンチンから口を離したHさんが、「次はお兄さんが上になって♪」声を掛けて来ます。
彼女に言われるまま起き上がり、ベッドに仰向けで寝たスケベ奥様の前に膝立ちになって、正常位素股の体位へと移行。Hさんが次はどうしたいのか尋ねて来るので、「それじゃあ・・・」希望を伝える私。彼女は笑顔で了承して、ベッドの頭の方に置いてある道具を取り準備を完了。「狭いからゆっくりね♪」言われながら私が腰を突き出せば、「ああっ・・・」Hさんが色っぽい声を出してギュッと抱き締めて来ます。ムチムチの肉体に包まれる肉棒から狭いオナホールのような締め付けを感じ、『なんだこれ?めっちゃキモチイイ・・・』一瞬で点火される肉棒ロケット。「だめだめ!」一気に射精寸前になってしまい、私は腰の動きを止めて発射しないように調節します。「ええやろ?」妖艶な表情を浮かべながら声を掛けて来る彼女。しかし動きを止めた所でチンチンへ締め付けは強まるばかり。『ここで我慢したところで・・・』覚悟を決めた私は、『もう出すしかない』思って腰振りを再開します。数回腰を前後に動かしただけであっという間に発射に至る私。「ああああ~っ・・・」Hさんと抱き合ったまま、ビュク!ビュク!ビュク!ありったけの思いを放出すれば、痺れるような快感の電気信号が全身を貫きます。 引用元:大阪 風俗Wiki

早くもカウパー全開になりパンツが濡れて来るのを感じます

久しぶりに味わう女体の触り心地に武者震いしてしまいます。彼女のモチモチした肌を触り、背中にキスしてプレイはスタート。Mさんのお尻の間にギンギンに膨張しているチンコを腰り付ける私。普段であればこの程度の刺激でイク事はありませんが、溜まりに溜まった性欲と精子は僅かな刺激でも敏感に反応。私は『開始早々発射とかありえへん・・・』そう考えてバック素股を中止します。
上半身を起こして「ちょっとひっくり返ってくれる?」声を掛けると、身体を回転させて仰向けになってくれる彼女。ここから私はMさんの乳首を責めてプレイを再開。「あっ・・・ああっ・・・」彼女は乳首への快感で喘ぎ始めます。人妻のイヤラシイ声がビンビンと亀頭にも響いて来るのを感じる私。夢中で乳首をしゃぶりつつ、変化を加えて責めてみようと考え、乳首を舐めたまま添い寝の体勢へと移行します。Mさんの下腹部へと接近する私の指先。マンスジに指を押し当ててみれば、ジットリと湿っているのが感じられます。乳首と指マンの同時責めを受け、「んっ!・・・ああっ!・・・うっ!うっ!・・・」恥骨をビクビクと痙攣させて悶えている彼女。ヨガリ狂うMさんを見ていると、私は無性に自分も気持ち良くなりたい気分になって来ます。
「交代しよう」私が声を掛けるとウットリとした表情で起き上がる彼女。私の腰の横に座ると、上半身を前に倒してチンコを握って来ます。「こんなに大きくなってる・・・」嬉しそうに言うと、パクリとチンコをしゃぶり始めるMさん。音を立てずにチンコを舐める彼女のフェラチオは、非常に的確にツボを抑えた舌使いです。高いフェラチオのテクニックと、性欲が溜まっていた事もあり、「めっちゃ気持ち良い・・・」早くも発射寸前になってしまう私。チンコを最大限まで膨張させたMさんはここでフェラチオを中止。「気持ちよかった?」彼女に尋ねられた私は快感の余り、「うん・・・」としか返答出来ません。
ベッドへ仰向けに寝転び、「こっちきてぇ・・・」艶めかしいトーンで声を掛けて来るMさん。私が正常位の体勢になると、「つける?」彼女が聞いて来ます。「うん」と私が答えると準備は完了。「ここ?」「もっと下・・・」そんな会話をしながらプレイは進行して行きます。
グッと腰を前に出すと、ギュウウウウとチンコが締め付けられる感覚。『どうせすぐ発射してしまうなら・・・』と、私は一心不乱に腰を振ります。私の下では「あっ!あっ!」喘ぎまくっているスケベな奥様の姿態。急速にチンコが膨張する感覚。私がイキそうになる寸前、「もう・・・いっちゃう・・・」私にしがみ付いて腰を振るMさん。チンコの膨張に合わせるように、彼女の熟れた肉体は収縮して行きます。頭が真っ白になるような感覚と共に「俺もイク・・・」呟く私。腰を振るスピードを速めると、「あんっ!あんっ!」Mさんは声のトーンを一段と上げて感じ悶えます。ドクドクドクッ!精子を発射。私は最後の一滴まで搾り出すように腰を振りまくります。 引用元:大阪 風俗Wiki

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「難波」に関する風俗業種キーワード

「難波」に関するマニアックキーワード