風俗まとめ

悶絶!強制2回ヌキ!? 大阪回春性感エステ・ティーク谷九店

悶絶!強制2回ヌキ!? 大阪回春性感エステ・ティーク谷九店画像

出典

本格的なリラクゼーションと性感で癒しもヌキもあるエステ店の体験談マトメ

レイドビキ 834 views 2018年11月2日

厳選された美女による魅惑のバブル密着洗体&マッサージで疲れも性欲も解消!?

エステ・ティークの体験談一覧

女の子のレベルはどんな感じ?

店員に呼ばれて店を出る私。扉の開いたエレベーターに乗ると、今回指名したKちゃんが待っています。
「よろしくお願いします~」と声を掛けつつ彼女のルックスやスタイルをチェック。巻き巻きの茶髪でキリリとした眉。グレーのカーディガンにピンクのノースリーブワンピースとシルバーのヒールという派手なファッション。しかもパネルに記載どおりの巨乳です。ルックスは全盛期の浜崎あゆみ似といった印象のKちゃん。見た目は完全にキャバ嬢風ギャルですが、やや高めの可愛らしい声とも相まって、中身は全然チャラ付いてない可愛い系の女の子です。
ホテルへ向かう道中の会話では「マッサージには自信があります」との事で、『見た目も最高やし、マッサージも期待できるな』と、希望通りの女の子を指名出来て嬉しくなる私。そしてマンションみたいな外観のホテルにチェックインします。 引用元:大阪 風俗Wiki

マッサージの癒され感はどんな感じ?

Kちゃんは私の左足にオイルを塗ると、ふくらはぎからマッサージを開始。「足がパンパンになってるやん」と言って足を揉んでくれる彼女。「ちょっと血流が悪くなってるからリンパの流れを良くするマッサージするね」と、ふくらはぎの上部にある関節付近を揉んでくれます。
中々の痛みを感じて「うう・・・」と呻く私。「痛いよね・・・」と言いながらもマッサージを継続するKちゃん。私は痛いながらも「めっちゃ効いてる感じがしてる・・・」と答えます。左足だけマッサージを終えた時点で「両足をバタバタして動きを比べてみて」と彼女に言われて両足をバタバタと動かす私。左足の動きが軽くなっている事を感じて「あー左足軽い!」と感動します。「そうでしょ~」と言って右足も同じようにマッサージしてくれるKちゃん。
足のマッサージを終えると背中のマッサージへと移行。背中全体にオイルを塗り、腰からマッサージを開始。下手糞なマッサージをされると神経がピリピリする感じがする私。しかし彼女は凝っている部位だけをピンポイントに揉んでくれるので、痛気持ち良いというか『安心して任せられる感』が伝わって来ます。「マッサージが上手い」と豪語するだけあるなと感心する私。
次いで肩から首へのマッサージが始まります。「すっごいゴリゴリしてる・・・」と言いながら肩を揉んでくれるKちゃん。余りの激痛に悶絶する私。すると彼女は「今これだけの力しか使ってないよ」と言いながら私の右手の二の腕を摘んで来ます。軽く摘まれる二の腕。「そんな弱い力でこんな痛いの!?どんだけ凝ってんねん・・・」と自分の肩の凝り具合に唖然としてしまいます。「これは放置するとやばいよ」と言いつつ首をマッサージするKちゃん。首にも激痛が走るも、『肩こりを治す為だ・・・』と痛みに耐える私。
「じゃあ仰向けになってね」と言われ、私はベッドの上でひっくり返ります。私の頭の上の方へ移動してM字開脚で座る彼女。首の後ろから耳の辺りをマッサージしてくれます。このマッサージでもめっちゃ痛いですが、気持ち良さも感じる私。『これ効くわ~もっとして欲しい』と思っていると終了するマッサージタイム。 引用元:大阪 風俗Wiki

ヌキプレイの方はどんな感じ?

「乳首大きい~」と言いながら私の乳首を舌で転がしたりして弄ぶ彼女。少しずつ下へと舐める場所をずらして行くと、私の腰に掛けてあるバスタオルを外してチンコの状態を確認しています。「なんか形がエロ~い」と言いながらチンコを握ると「かたーい」と笑顔でこちらを見るKちゃん。
ピンピンに勃起したチンコの根元から玉辺りにキスをしてから玉舐めをしてくれます。私を見ながら「くすぐったくない?」と聞いて来る彼女。「くすぐったいより心地良い感じ」と答える私。するとKちゃんは亀頭に唾液を垂らして手コキを開始して来ます。
唾液手コキからローションを塗ってのローション手コキに移行する彼女。掌の温もりが優しくチンコを包み込んでいます。手コキしながら添い寝して乳首舐めで責められると、先程のマッサージの痛みが嘘のように吹き飛び、快楽感が押し寄せて来る私。「しゅっ・・・しゅっ・・・」と強からず弱からずの手コキ。私がイキそうになると握る力を弱めたりして寸止めで責めて来るKちゃん。そんなM性感のような責めを受けて「ああ~!」と身悶える私。そんなチンコの状況を察したのか、彼女は一気に手コキを加速して来ます。「あかん出そう!」と叫ぶ私。足をピンと伸ばすと発射体勢に入ります。
Kちゃんの横乳を揉みながら「可愛い顔見せて」と、お願いする私。乳首責めを止めて顔をこちらへ向ける彼女。「ちゅっ・・・」と軽くキスしてくれます。その思わぬキスで一気に込み上げて来る発射感。射精の快感で「うああああああ!!」と悶えながら「びゅっびゅっびゅっ」と精子を発射。その勢いは凄く、私の肩付近まで飛んで来る精子。
射精が終っても手コキしながら「潮吹きしたことある?」とKちゃんが聞いて来ます。「今日の体力では耐えられへん・・・」と私はギブアップ。 引用元:大阪 風俗Wiki

他にも体験談があれば随時追加中。

10月31日 エステ・ティーク-esthetique- 谷九 体験レポート

アンケート用紙に記入を終えると、私との距離を詰めて来るKちゃん。そしてズボンの上からチンチンを揉んだり、上着を脱がせて来ます。上半身裸になった私の乳首を舐めながらチンチンを揉む彼女。「あれれ?大きくなって来たよ♪」Kちゃんが私の耳元で囁いています。次いでズボンを脱がされてパンツ一枚にされる私。パンツの上からチンチンを揉まれていると、ズボン越しの時よりも彼女の指使いがダイレクトに伝わって来ます。興奮した私も右手を伸ばして、Kちゃんのお尻をキャミソール越しに触ると、掌に伝わって来るのはポリエステルのさらさらとした手触り。いよいよパンツを脱がされた私は、勃起したチンチンを晒しています。
彼女は右手の親指と人差し指で輪っか状にし、チンチンの根元からカリ首の下までゆっくりと絞り上げるように手コキを開始。すると尿道からは透明な粘液が溢れ出て来ます。「どうしたのこれ~?」言葉責めも交えつつ、M性感ぽい感じで責めて来るKちゃん。ここで彼女は上下する指の動きを止め、口から唾液を出して亀頭へ垂らします。Kちゃんが指に唾液を絡めつつ手コキを再開。先程よりも滑りの良くなった彼女の指が、チンチンをニュルリニュルリと責めて来ます。
手コキを続けながら乳首舐めも再開するKちゃん。私の右の乳首を舐めつつ、小悪魔的でいたずらっ子な上目遣いでこちらへ目線を送って来ます。更に彼女が亀頭へ唾液を追加して滑り具合を増して来ると、手マンコの気持ち良さで腰が浮いてしまう私。そんな快感に身を委ねる私に、Kちゃんが顔を近付けて来ます。接近する二人の唇。そして唇同士がサワっと触れ合います。そんな僅かなキスでも私を興奮させるには十分な効果です。彼女もだんだんと気分が乗って来たようで、手首を捻りながらの手コキ責めへと変更しています。時々指の間から亀頭を飛び出させたりしながら、ニュルニュルとチンチンを弄ぶKちゃん。 引用元:大阪 風俗Wiki

7月12日 エステ・ティーク-esthetique- 谷九

ヌルヌルとしたローションの感触と、柔らかな手マンコの刺激で完全に勃起してしまうチンコ。亀頭を重点的にシゴいて来たかと思うと、カリ首の下から擦り上げたりして様々なパターンで責めて来る彼女。ローションの滑りが悪くなって来たら、根元辺りに垂れ落ちているローションを掬って滑りを回復して、手コキを続けています。
ここで右腕をYちゃんの体の下から廻してお尻を撫でる私。スベスベでぷにぷにの美少女のお尻を触っていると、更に興奮度が高まるのを感じます。優しい力加減と強く握る時の緩急を付けた彼女の手コキで、気が付けば爪先を伸ばして腰を浮かせいる私。細くて小さい手マンコが、亀頭からカリ首に掛けての部分をにゅーるにゅーるとシゴいて来るので、「そこ弱いっ!」言って、私は両足に力が入るのを感じます。そんな弱点責めを受けていると、急激にザーメンが危険域に到達。難なく防波堤を乗り越えてくるザーメンの流れを感じ、「でる!」叫ぶと同時にびゅびゅびゅっと美少女の手マンコへ生温かい体液を発射。足許へ視線を向ければ、私の乳首の下辺りまで飛んでいるザーメン。 引用元:大阪 風俗Wiki

11月27日 エステ・ティーク-esthetique- 谷九

彼女に肩を揉まれると伝わって来るのは、筋肉が凝り固まっているコリコリとした感触。右肩も同じように揉むと「ここまで硬くなっていると、なかなか解れなさそう・・・」と後ろで絶句している雰囲気Kちゃん。揉まれている部位からは今までで最高に大きな、コリコリを越えたゴリゴリとした塊の存在を感じます。やはりここでも『痛いけど効いてる感』を受ける私。
「じゃあ仰向けになって♪」彼女の指示でひっくり返り、ベッドで仰向けになります。私の頭を両足で挟み込むように座り、肩の上と首の後を揉み始めるKちゃん。「うぐっ・・・」余りにも痛いので、私は話をして気を散らそうとします。適当な会話をしていると、マッサージの激痛も少し和らぐのを感じる私。そして首筋から耳の裏を揉んで、マッサージは終了となります。
「ふぃ~・・・」痛みから解放された安堵感で大きく息を吐く私。彼女は私の右側に添い寝すると、「乳首がエロ~い♪」そう言って乳首に吸い付いて来ます。チュバチュバと音を出して私の乳首を責めるKちゃん。視線を彼女の方へ向ければ、柔らかそうで大きなオッパイの谷間が見えています。
乳首責めから私の足元へ移動しての玉舐めに移行するKちゃん。舌の表面全体を使って、撫で回すように玉舐めをしてくれます。先程までの痛みとは打って変わり、気持ち良さと心地良さを感じる私。マッサージを終えてリラックスしていたチンチンも、ムクムクと勃起を開始します。
玉舐めの次は亀頭に唾液を垂らしてから手コキを開始。ローションのように伸びる唾液と絶妙な力加減の指使いが、私の興奮と快楽のレベルを上げて来ます。再び添い寝するとローションをチンチンに垂らす彼女。亀頭周辺をこねくるような指使いで手コキをして来ます。私の右手を握って恋人繋ぎをしてくれるKちゃん。指と指を絡めていると、指同士で性行為をしているような感覚になって来る私。
彼女は亀頭と竿を順番に手コキして、「こっちとこっちならどっち?」どちらが気持ち良いかを尋ねて来ます。「亀頭かなー」私が答えると、Kちゃんは亀頭全体を優しくソフトに撫でるように刺激を開始。全く力を込めている感じはしないにも拘らず、その指使いからとてつもない快感を与えて来ます。込み上げて来る何かの存在を察知すると「アカン!」私は叫んで爆乳セラピストの手マンコの中へ発射。「やばいーめっちゃでたー♪」手に付着した大量の精子を眺めながら、彼女が嬉しそうに言っています。 引用元:大阪 風俗Wiki

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「谷九」に関する風俗業種キーワード

「谷九」に関するマニアックキーワード