風俗まとめ

在籍嬢のAF率100%!!むきたまごマニアックス

在籍嬢のAF率100%!!むきたまごマニアックス画像

出典 http://muki-mania.com/

禁断のAF(アナルファック)可能風俗店の体験談などをマトメたい。

レイドビキ 940 views 2018年1月12日

やん猫グループの「むきたまごマニアックス」でAF体験とはどんなものか!?

在籍嬢のクオリティも高いようにみえるね~

ユニークなイベントも盛りだくさん!

そしてアナルファックの体験は実際の所どうなのか!?

まずは玉袋全体をネロネロと舐め、次に竿全体下から上に向かって舐めて来るMちゃん。このただ舐めているだけの責めが、何故かチンポへは中々の気持ち良さとなって伝わって来ます。舌先が亀頭の頭頂部まで到達しかと思うと、「んっ~・・・」とチンポを根元まで咥え込んで来る彼女。同時に「あ~っ・・・」竿舐め以上の気持ちの良い刺激を感じ、その気持ちを声に出てしまう私。「ん~っ・・・あ~っ・・・」Mちゃんは妖艶な声を出して唇を上下に動かし、チンポをしゃぶり続けています。時折彼女の口から唾液が溢れ出て、ジュルルというエッチな効果音にも興奮させられてします私。
Mちゃんのフェラチオは、舌がチンコ全体に撒きついてシゴかれているような、トルネード手コキにも似た高い快感を与えて来ます。口内の圧力や唇の圧迫感は余り感じないのに、チンポからは絶大な気持ち良さを感じます。そんな高次元なフェラチオを展開しつつ、指サックを装着した指とローションでアナルをほぐしている彼女。
そんなMちゃんは、私がフェラチオのみで発射してしまいそうな空気を察し、「そろそろしてみる?」と声を掛けて来ます。「うん」私が返事をすると、彼女は枕の横に置いてあったコンドームを手に取り、パンパンに膨張しているチンポへコンドームを装着。更にその上からローションを塗り、準備は完了。
「じゃあバックからしよっか♪」Mちゃんが促して来ます。こちらへお尻を向けて四つん這いになった彼女の、お尻の前で膝立ちになりバックの体位になる私。Mちゃんがチンポを握ってアナルへと誘導してくれます。ずぬぬ・・・腸壁と思われるウネウネした感触を押し広げる様に、彼女の中へチンポを挿入して行く私。恐る恐る腰を動かしてみれば「ああっ・・・んっ・・・」若干苦悶の声を出してチンポを受け入れるMちゃん。「普段どおり動いて良いよ」言われ、「じゃあ動くよ・・・」私は彼女のウエストを掴んで腰を前後に動かします。
「んっ・・・ああんっ・・・」Mちゃんは私が腰を動かす度に、可愛くもエッチな喘ぎ声を出して感じている様子。チンポから感じるのは、カリ首をゴリゴリシゴかれている感覚。私はマンコとはまた違った刺激と気持ち良さを感じ、そろそろイッテしまいそうな予感がします。
膝立ちが疲れたのと、彼女の顔を見ながらフィニッシュを迎えたくなったので、「顔見ながらイッテいい?」声を掛ける私。「じゃあ正常位になるね」快く私の要望を聞いてくれて、体位を正常位に変更してくれるMちゃん。
正常位の体勢になると、再び彼女がチンポを握ってお尻に誘導してくれます。「ここだよ^^」と言うMちゃんの指示に従い、ゆっくりと腰を前に突き出せば、バックの時よりも少しキツイ締め付けがチンポを包み込んで来るのを感じる私。根元までチンポが入った事を確認し、腰振りを開始します。 引用元:大阪 風俗Wiki

私の足の間に入ると股間に顔を埋めるKちゃん。玉を「ペロペロ」と舐めたかと思うと、「ちゅっちゅっ」と吸い付いて来ます。次いで根元から舌を舐め上げてのチンポ責め。程好く勃起させた所で唇を亀頭に寄せる彼女。根元まで口に含むと、ゆっくりとしたペースでディープスロートが始まります。
チンポ全体を咥えたり亀頭部分に吸い付いたりして責められると、思わず「フェラめっちゃ上手い」と感想が出て来る私。「ふふ・・・」と軽く笑いながらフェラチオを続けてくれるKちゃん。
いつからか「じゅぼじゅぼじゅぼじゅぼ」と唾液が絡む音が聞こえています。『これ続けられると出ちゃうかも・・・』と思う私。口内の唾液を増やしながらの巧みなフェラチオが、チンポへ絶妙な刺激を与えて来ています。唾液全開のジュボフェラ。彼女のお口からこぼれた唾液が、金玉を伝って下へ流れるのを感じる私。
イキそうになっているチンポを察したKちゃんが「入れてみる?」と尋ねて来ます。「入れる!」と即答する私。「大きさは標準でいいかな?」と、ポーチからコンドームを取り出す彼女。全力勃起するチンポにコンドームを被せてくれます。「ちょっときついかな?」とKちゃん。「キツ目の方が途中で外れなくていいかもね」と私。次いで彼女はローションボトルを取り出し、チンポに装着されたコンドームの表面にローション塗り付けます。そして自分のアヌスにもローションを塗るKちゃん。軽く乳首を舐めて責めて来ると、「体位はどうします?」と尋ねて来ます。
「じゃあバックで入れてみたい」とバックを希望する私。枕を抱き抱えるようにして四つんばいになり、こちらにお尻を突き出すKちゃん。『いよいよチンポを入れるのか・・・』と、私の心臓の鼓動はドキドキと高鳴ります。「初めはゆっくりね?」と言われ、彼女の後ろに膝立ちになる私。チンポを持ってアヌスに宛がうと挿入を試みます。しかし薄暗い部屋で見え難いのと、初めての事で焦ってしまい、ローションで滑って中々挿入に至らない私。『落ち着いていこう』と、気持ちを集中させてアヌスにチンポを押し付けます。
『ズズッ・・・』と言う音が聞こえて来そうな感覚がチンポから伝わって来ると、ゆっくりを心がけてチンポの根元まで差し込む私。チンポが入って来るとKちゃんは「あ~っ・・・」と声を上げています。「童貞卒業おめでとう~」と祝福してくれる彼女。私はKちゃんのお尻を掴んで、膝立ちでピストンを開始します。
「お尻に入れられるの好きぃ・・・」と、スケベ女の本性を現す彼女。バックでお尻を撫で回しながら「Kちゃんのお尻好き・・・」と私。少しずつピストンのサイクルを早めると、「あっ!あっ!あっ!あっ!」と、彼女の喘ぎ声も大きくなって行きます。
締め付けて来るのは肛門の入口だけだと思っていたのに、奥に差し込まれている亀頭部分にも絡みつくKちゃんのアヌス。私は彼女の背中に覆い被さるようにして腰を振り続けます。「Kちゃんのお尻気持ちいい!」と、KちゃんとのAFにドハマリ状態。更にピストンを加速すると、彼女は「あ゛っ!あ゛っ!あ゛っ!あ゛っ!」と本能で感じている声を出しています。
亀頭から根元まで絡み付いて来るKちゃんの直腸。発射の予感を感じて高速ピストンを持続させます。チンポの下から込み上げてくる精子。チンポ全体をシゴかれるような快感に「いきそう・・・」と発射予告します。彼女に「出してぇ・・・」と艶めかしい声で言われて限界を越える私。「いくうううううう!!」と唸って、精子をコンドームの中に放出します。キツく締まるアヌス内で「びゅるっ・・・びゅるっ・・・」と脈を打って発射。
Kちゃんの腸内を傷つけてないか心配で、余韻を味わう事無くチンポを抜きます。ゆっくり引き抜くと、そのままベッドに女の子座りする私。彼女は「まってね」と言ってティッシュ数枚を手に取り、コンドーム全体に被せると精子がこぼれないようにゴムを外してくれます。 引用元:大阪 風俗Wiki

めっちゃAFしてみたくなった・・・(*´Д`)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「日本橋」に関する風俗業種キーワード

「日本橋」に関するマニアックキーワード