風俗まとめ

採用率10%未満!選りすぐりの美女しかいない風俗店『ドレス・コード』

採用率10%未満!選りすぐりの美女しかいない風俗店『ドレス・コード』画像

出典 http://dresscode-osaka.com/

「本当のアイドルに会える風俗」と言う謳い文句はマジなのか!?

月組 325 views 2017年2月8日

『レベルの高い可愛い女の子しか在籍していない』との噂は本当なのか?

料金を支払って5分程で「お待たせいたしました、廊下で女の子が待っております」との店員の声。廊下へ移動すると、黒いコートの女の子が待っています。「よろしくおねがいします」と声を掛ける私。大島優子似の彼女が笑顔で迎えてくれます。
「お名前は?」と尋ねると、「こんばんわ、Mです^^」と彼女。付けまつ毛やカラコン等の派手目なギャルメイクですが、キャラクターは可愛らしい雰囲気の女の子。それに褐色肌の南方系美少女です。 引用元:大阪 風俗Wiki

実際にプレイした内容はどうなの?

「中とクリはどっちが気持ちいい?」と聞くと、「クリ」と彼女。私は乳首を舐めながら指でクリトリスを責める同時責めを行います。『中の具合はどうだろう?』と思って膣内に指を入れようとするも、大洪水にも拘らず指1本しか入らない程の狭さ。『こりゃ2本は無理かな・・・』と思って、クリ責めに戻します。
自分も気持ち良くして欲しいと思い、Mちゃんの耳元で「チンチン握ってみて」と囁く私。彼女は乳首責めとクリ手マンで感じながらチンポを握ってくれます。「チンチンどうなってる?」と聞くと「凄い硬くなってる・・・」とMちゃん。暫しお互いのアソコを責め合います。
「アソコ舐めていい?」と聞いてみると、彼女は「うん・・・」頷いて了承。Mちゃんの足元に移動して寝転ぶ私。目の前にはM字開脚で寝転ぶスタイル抜群な美少女の姿。そんなハレンチな状況に、チンポも硬さを増して行きます。
両手で彼女の腰辺りを愛撫しながらクンニを開始する私。クリトリスを「ちゅばばばっ!」と音を立てて吸ったり、舌で上下左右に舐めたりしていると、Mちゃんは「あ~っ・・・あ~っ・・・」と喉奥から搾り出すような喘ぎ声を出し始めます。『これが感じる舐め方か?』と思った私は、クリを高速で上下に舐めてクンニ。すると私の読み通りに「あっ・・・あっ・・・」と喘ぎ声の感覚が短くなって来る彼女。高速クリ舐めを継続すると、「あっあっ・・・あっ~!」と声のトーンを上げて喘いでいます。
クンニの刺激を受けて私の手を掴むMちゃん。「あ~っきもちいい・・・」と快楽度が高い事を伝えて来ます。高速に動かしすぎて舌が疲れて来る私。『ここまで来たらクンニでイカせたい!』と思って、クリ舐めを持続させます。不意に彼女のフトモモに頭を挟まれる私。「いきそう・・・」とMちゃんが声を出しています。最後の力を振り絞って舌を動かす私。
彼女は「いっちゃう・・・!!」と叫んで、腰をブルブルと震わせています。『もっともっと!』とクンニを続ける私。しかし「くすぐったい・・・」とのMちゃんの声を受けてクンニを終了します。
私はMちゃんの隣に移動すると、アクメを迎えてぐったり横たわる美少女を愛撫。オマンマンに指を差し込めば、ヌルリと2本の指が入ります。イッた事で筋肉がほぐれた膣内は『ふわふわ』状態。彼女が落ち着いたのを見て攻守を交代します。
「今度は気持ち良くして」とお願いすると、私の足元へ移動するMちゃん。「じゅっばっじゅっばっ」とスケベな音を出してチンポをしゃぶります。チンポを責めるフェラチオのテクニックは中々の物。
続いて「お尻こっち向けて」とシックスナインをお願いします。お尻をこちらに向けて私に跨ると、シックスナインの始まりです。フェラチオする彼女のオマンマンを舐めようとするも、身長差があってクリトリスに舌が届かない私。仕方なく指マンしていると、Mちゃんが起き上がります。
起き上がった彼女のお尻が私の顔に載って来て顔面騎乗の体勢に移行。『うおおおお!美少女の顔騎最高!』と思わぬプレイに興奮が最高潮になる私。Mちゃんは手コキでチンポ責めしています。
ちょっと息苦しくなったので、惜しみつつ顔面騎乗を解除してもらう私。彼女を寝かせて正常位の体勢に入ると、「素股とか出来る?」と尋ねてみます。「うん、大丈夫」と言ってローションボトルを手に取るMちゃん。チンポにローションを塗ると、彼女はベッドに寝転びます。
ローションでヌルヌルのチンポをMちゃんの下腹部に擦り付ける私。細い太ももでは若干チンポを挟む圧が足りない気がして、「手を添えてみて」と、彼女にお願いします。「余り慣れて無くて・・・」と、申し訳なさそうにするMちゃんですが、手の添え方が絶妙で気持ち良さが抜群に改善。
正常位で腰をグラインドさせれば、「んっ・・・んっ・・・」と、彼女も声を出して雰囲気を出してくれています。発射の予兆を感知する私。その予兆を手繰り寄せるとチンポの奥から何かが込み上げて来るのを感じます。
「イキそう・・・」と私が言うと、チンポに添えている手に込める力を上げるMちゃん。私は『この美少女の身体、最高に気持ちいい・・・』と考えると同時に、「うっ・・・うううううううう・・・・」と唸って精液を発射します。 引用元:大阪 風俗Wiki

なかなか良さそうですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「谷九」に関する風俗業種キーワード

「谷九」に関するマニアックキーワード