風俗まとめ

大阪梅田の☆最高級人妻M性感☆梅田人妻秘密倶楽部®

大阪梅田の☆最高級人妻M性感☆梅田人妻秘密倶楽部®画像

出典 http://www.umedahimitu.net/

最高級レベルの淫乱人妻による極上のおもてなしを受ける事が出来ると言う噂を調査するぜ!

レイドビキ 429 views 2018年4月30日

『トリプル特優ランク』のクオリティとは!?その2

エレベーターの前に立ってキョロキョロと辺りを見回していると、身長160センチ強でスレンダーなスタイルの女性が登場。「よろしくお願いします」私が声を掛ければ「よろしくお願いします、Mです^^」笑顔で挨拶を返してくれる彼女。パネルと実物の印象は然程変わらず、私の眼には『古手川祐子』を少し洋風にしたイメージの美魔女なルックスに見えます。Mさんは前髪の揃った茶髪のストレートロングヘアで、ボディコンシャスな黒色のジャケットにモスグリーンのタイトミニスカートといったファッション。私の手を繋いで「いきましょうか♪」到着したエレベーターへと乗り込みます。エレベーターの扉が閉まると同時に顔を近付けて密着し、ズボンの上からチンチンを握って来る彼女。出逢って早々から痴女っぷりを発揮して来るので、『ええええM性感てこんな感じなん!?』私は困惑と興奮が交じり合った感情が沸き起こって来るのを感じます。
近隣のホテルへチェックインしてエレベーターに乗ると、ここでもチンチンを触って来るMさん。今度は手慣れた指使いでズボンのチャックを降ろし、パンツ越しにチンチンを揉んで来ます。私が『このまま逆レイプ!?』困惑していると、目的階に到着するエレベーター。彼女に案内されて部屋へ入ります。
棚の上に荷物を置くと「座って待っててね」Mさんに言われてソファーに座る私。ベッドにバスタオルを敷いたり、浴室へ入ったりと忙しく準備をする彼女。「おまたせ~」部屋へ戻って来て隣へ座ったMさんは、「今日はお仕事帰り?名前教えて」言いながら、シャツの上から指で私の乳首を弄んで来ます。乳首が敏感な私は「あっ・・・う、うん、仕事帰りやねん・・・名前は〇〇・・・」快感に悶えながら返答すると、彼女は「〇君悶えちゃってかーわーいーいー^^」笑顔で乳首責めを続行。そしてMさんは私のシャツを脱がし、舌を出して乳首へと顔を近付けて来ます。
『乳首舐められちゃう・・・』ドキドキしながら事の成り行きを見守っている私。いよいよ舌先が乳首へ到達と思った瞬間、彼女は舌先が乳首へ触れるか触れないかの所で乳輪の方を舐め始めます。それでも快感が伝わって来るので「ああ~・・・」悶えると同時にチンチンも反応を開始。焦らすように乳首の周辺を舐めつつチンチンを握ったMちゃんが、「じゃあ下も脱いじゃおっか♪」声を掛けて来ます。 引用元:大阪 風俗Wiki

『トリプル特優ランク』のクオリティとは!?

パチンと音を出してMさんがゴム手袋を装着する姿が見えています。「え?ゴム手袋?」そう聞くか聞かないかのタイミングで「ずにゅっ」とお尻に何かが挿入される感触を覚える私。彼女は嬉しそうに「○○ちゃんのケツマンコの奥まで入っちゃった~^^」こちらへ満面の笑顔を見せて来ます。
Mさんの指が出し入れされる度に前立腺を弄られる刺激と快感で「あっ!んあっ!」自然と声が出てしまう私。ケツマンコを犯しながら「ほら、ズンズンしてるよ~?」そう言って手コキとの同時責めを開始する彼女。私は男の性感帯を同時に責められた快感で「あああああああっっっ!!」エビ反りに近い感じで仰け反って反応してしまいます。
ゴム手袋を外し「今度はこれどうかな~?」そう言って何かボコボコした棒をケツマンコに挿入して来るMさん。『え?なに?アナルパールかな?』そう思った刹那、ヴィイイイイイイイイイイ!!と、私の全身に伝わって来る振動。「あああああああああああああああ!!なにこれえええええええええ!!??」室内には私の絶叫とアナルバイブのモーター音が響き渡っています。
「○○ちゃんの反応ほんとに可愛い~!」アナルバイブのスイッチを強に入れつつ、笑顔で手コキも継続する彼女。「ほら、おチンチンに振動が伝わって来る!」 引用元:大阪 風俗Wiki

初アナル体験

ソファに座らされ、いやらしく服を脱がされ、シャワーへ・・・ボディソープで全身くまなく優しくエロく洗われベッドへ・・・乳首を舐められ股間を弄られギンギンになってきた所で、女性の指が吸い込まれるようにアナルへ・・・その指が的確に前立腺を捉え最初は異物感しかなかったのに、だんだんと気持ちよくなってきてなんと初のドライオーガズム!
何度かイク感覚を味わいそしてその後本当の射精へ・・・自分でも信じられない量の射精量!
ドクドクと快感が止まりませんでした。
頭の中が真っ白になり、ああ気持ち良かった~と思い終わりと思ったのですが、それで終わりではありませんでした、なんとあれだけ射精した後に、敏感になってる先っぽを更にいやらしく刺激、くすぐったいような気持ち良い様な何とも言えない状況の中人生初の潮吹き!
プレイ後本当にがくがくして立てなくなる気持ちよさでした! 引用元:風俗情報ぴゅあらば

お淑やかな美人妻の高等テクニックで大量発射!

ルックス
小雪に似た系統の、お淑やかで落ち着いた感じのルックスです。
スタイル
胸は大きくはないですが、形の良い大きなお尻が、僕の心はとても未了されてしまいました。
性格
丁寧で柔らかな物腰がとても魅力的。エロスな雰囲気作りも上手な女性です。
サービス
手コキや足コキのテクニック、キスのタイミング等が洗練されていて、楽しく遊べました。 引用元:風俗特報

梅田人妻秘密倶楽部体験レポート

まずは乳首舐めからプレイ開始。乳首責めから腋責めと移行して行き、膝舐めまで移動して行きます。膝舐めはくすぐったいよりは心地良い感じ。膝の次は玉舐めが始まります。竿の根元付近を舌先で「チロチロチロ」と責めて来る彼女。ビンビンに勃起したチンポが脈打つ度に大きく揺れています。
亀頭を指で刺激するYさん。「先っぽからヌルヌルしたのが出てる~」と言いながら、指先で尿道を弄んでいます。親指と人差し指を広げて「ほら~こんなに糸引いてる~ローションいらないね^^」と笑顔の彼女。チンポを指で触りながら、ウットリした目で「こんなにオチンチンがピクピクしてる・・・」と、言っています。
チンポを手コキしながら私の方を見て、「これ舐めてもいい?なんだか舐めたくなっちゃった・・・」とYさん。願っても無いお願いに、私は「いいよー!」と即答します。亀頭付近の我慢汁を舐めたかと思うと、ズッポリ根元まで咥え込む彼女。舌を高速で左右に動かして、竿や裏筋が刺激されているのを感じます。「あ~凄い上手い!」と思わず唸ってしまうフェラチオの快感に包まれるチンポ。
軽くフェラチオをすると、「お尻責めてもいいですか?」とYさんが聞いて来ます。私が「よしなに」と答えると、カバンから何やら道具を取り出す彼女。手に取ったのは小型の卵型ローター。慣れた手付きでローターにコンドームを装着すると、指サックをはめています。
私の膝を立たせてM開脚にすると、「じゃあいくよ~」と言って、ゆっくりと肛門に小型ローターを差し込んで行くYさん。スイッチオンすると直腸からチンポ全体に掛けてローターの振動が伝わって来ます。さながらチンポ全体が電動バイブになったかのように、小刻みに震えるのを感じる私。ローターの振動に連動するように「あああああああああああああ」と声が出てしまいます。
四つん這いで覆い被さるようにして私の上に来る彼女。ブラ越しにオッパイを私の顔に押し当てて来ます。オッパイを押し当てたまま、「ブラ外してぇ・・・」と、Yさんの艶めかしい声。顔にブラとオッパイの感触を感じたまま彼女の背中に両手を廻します。
ブラのホックを外す私。Yさんはブラを脱ぐと、生乳でパフパフして来ます。柔らかくて温かいオッパイの感触。背中に廻した両手で彼女を抱き締めてオッパイを堪能します。
私の上から足元へと移動するYさん。ローションボトルを手に取ると、チンポにローションを垂らします。温かさを感じるチンポ。事前に温めてあったローションのその心地良さに「めっちゃ温かい~」と喜ぶ私。そして手コキプレイが始まります。
温かいローションの心地良さと手コキの気持ち良さに、ローターからの刺激が相まって快楽の波に飲み込まれる私。彼女がシックスナインの体勢になると、Tバックと大きくて白くて綺麗なお尻が眼前に迫ります。Yさんのお尻を夢中で撫で回したりキスしたりしていると、時間の経つのを忘れてしまう私。気が付くとローション手コキで発射寸前です。 引用元:大阪 風俗Wiki

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「梅田」に関する風俗業種キーワード

「梅田」に関するマニアックキーワード