風俗まとめ

京橋はええとこだっせ、熟女家京橋店がおまっせ!

京橋はええとこだっせ、熟女家京橋店がおまっせ!画像

出典 https://kyobashi.jukujoya.jp/

熟れ頃、食べ頃奥様専門
待合わせ型デリバリーヘルス
『熟女家 京橋店』の
体験談まとめ。

レイドビキ 649 views 2018年3月15日

見るからに如何わしい街、京橋はやはり如何わしかった!?

3月13日 熟女家 京橋店 体験レポート

「アナル舐めしてもいいですか?」Tさんのその言葉を聞き、心臓の鼓動が高鳴る私。「え?アナル舐めしてもらえるん!?」私が食い気味に尋ねてみれば、「じゃあ足を上げてもらっていいですか?」彼女が言うので、言われた通りに両足を持ち上げてチンぐり返しの体勢になります。
玉とアナルの間をチロチロと舌先で舐められる刺激を感じ、「ああっ・・・」ビクンと全身を震わせる私。そこからTさんは、アナルの皺一つ一つを丁寧に舐めるような、愛を感じる責めを展開。彼女の舌が穴に捻じ込まれるような感覚を受ける度、チンポも連動してピクピクと揺れているのが見えます。
アナルから徐々に舌を上に移動させ、玉舐めへと責め先を変えて来るTさん。私の足を下へ降ろすとフェラチオを開始します。両手でチンポの根元を掴み、亀頭から中ほどまでを口に咥えて責めて来る彼女。キスやアナル舐めでも精力的に責めて来ていたTさんですが、チンポ責めでも同様に高圧を掛けたフェラチオをしてきます。ジュボボジュボボと卑猥な音を響かせるフェラチオから感じるのは、まさに口内オナホールとも言えるような快感。彼女は緩急を付けてチンポをしゃぶって来るので、その気持ちの良さを受けて私の中で激しく踊り始めるムラムラ君。「ああ~・・・んん~・・・」妖艶な声を出してチンチン責めをするTさんを見ていると、しゃぶるのが大好きという気持ちが伝わって来ます。ほおっておいたら何時間でも舐めてくれそうな雰囲気と、フェラチオだけで発射してしまいそうな予感を感じ、「責めていい?」攻守の交代を提案する私。 引用元:大阪 風俗Wiki

9月29日 熟女家 京橋店 体験レポート

ソファーに座ってお茶を飲んでいると、浴室から戻って来て私の隣に座ったMさんが、チンコに手を伸ばして来ます。「こう言うお店は良く来られるんですか?」と、尋ねながらズボンの上からチンコをモミモミして来る彼女。エロ熟女にチンコを弄られて、チンコは既にカチコチになっています。「もうこんなに硬くなってるじゃないですか~」と言いながらズボンのベルトを外すMさん。ベルトを外してチャックも下ろすと、パンツの上からチンコを弄んでいます。チンコの先からは既にカウパー液が分泌されていて、パンツには恥ずかしいシミが。次いで彼女は私のパンツを下ろします。「おしゃぶりしてもいいですか?」とMさん。私は即尺プレイをしてもらった事が無かったので「え!?」と軽くパニック状態。彼女は私の返事を待たずにフェラチオを始めています。「チュッ・・・チュッ・・・」と音を立てながら、ギンギンに勃起しているチンコをしゃぶっているMさん。初めての即尺経験に心臓がドキドキしている私。ひとしきりチンコの味を堪能すると「じゃあお風呂行きましょうか」と、即尺プレイは終了です。 引用元:大阪 風俗Wiki

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事