風俗まとめ

新大阪秘密倶楽部ってM性感にはチョー可愛い子が居ると聞いたんですが。

新大阪秘密倶楽部ってM性感にはチョー可愛い子が居ると聞いたんですが。画像

出典 http://www.himitu.net/index.html

M性感 新大阪秘密倶楽部 の体験談を頑張ってまとめて見ました。

cyan 1276 views 2018年5月24日

M性感って何だろう?前立腺刺激って?

店頭で受付。店員から内容の説明を受け、コースと女の子を選んで料金を支払い、女の子と店の外から一緒にホテルに行き、ホテルに入ってからプレイ開始。
20代のロングヘアで明るい髪色。肌も白くてキレイなお姉さんという印象。パネルとの違和感は特に感じませんでした。

ソファでイチャイチャしながら服を脱がされ、シャワーへ。壁に両手をついた状態で足を広げ、尻~ペニスのあたりを優しく洗ってもらいました。そのあとベッドに移動し、両手をロープで拘束された状態で目隠しをされ、乳首や耳、それに内腿をこれでもかと舐め倒されながらペニスをしごかれました。
徐々にイキそうになりましたが発射前に寸止めされ、今度はアナルに指を突っ込まれました。ローションでヌルヌルの指がアナルの中を縦横にかけめぐり、ウンコが出る感覚というかなんとも言えない感触で思わず喘ぎ声が出てしまいました。
アナルに指突っ込まれたまま手コキでフィニッシュまでもっていかされました。 引用元:大阪の風俗体験日記

女性はどんな人がお相手してくれるのか?

金額はお高め。80分で2万円以上支払った記憶が。

肝心の女性は・・・・写真のまんまですやーん!めっちゃ好きなタイプです。素晴らしい。

ただ、施術が前立腺的なものがデフォでついており、やたら菊門をいらいたがる嬢。

ブリーフは正直言って、苦手です。その旨をお伝えしても、え~!もっとあそびた~い!と。

聞くところによると、この店に訪れるお客さまは7割の方が菊門を好まれるとのこと。

ニッチな市場ですが、しっかりと押さえられている。やはり老舗というう事もあり働く女性も徹底されている感じが好印象です。

ただ、菊門は苦手です。

女性は150点!

リピは・・・・・かわいいからしたいけど、菊門が・・・・なぁ。 引用元:大阪マッサ王子の探検記

言葉責めってどんな感じなのか

洗い終え身体を拭いてベッドに移動。ベッドの上にバスタオルが引かれています。「ベッドの上に寝転んで」と言われ、そこに寝転んで待つ私。寝転ぶ私の真上にSちゃんが脚を肩幅に開いて立ちます。下から仰ぎ見る彼女のストッキング越しの股関や美しい美尻。必死に目を凝らして凝視する私に「どこからか見られてる気がする」と技と惚ける様な一言を掛ける彼女。一生懸命見る私に彼女は「もっと見たいの?」と言いながら、腰を下ろします。すると、近寄ったおかげで彼女のTバックや尻肉のライン迄が透けて見えます。
さらに腰を下ろしてくれ顔に感じるSちゃんのお尻の温もりとストッキング越しの柔らかな圧迫感。しかしストッキングがほんの少し邪魔に感じてしまう私。『なんとか彼女を感じたい』ふんふんと必死に彼女のオマンコの匂いを嗅ぎとります。
直に『Sちゃんのお尻を感じたい』と思う私の思いが通じたのか彼女はゆっくりとイヤらしくストッキングを脱いで顔にお尻を押し付けてくれます。
ぶつぶつや汚らしさを感じさせない若いスベスベなお尻の感触。
彼女は「私のオマンコの匂いもっと身体いっぱい吸い込むのよ」と言い圧迫してくれます。私は息が出来ない程の圧迫感に、股間をビンビンにして反応。興奮に箍が外れ、お尻やパンツの上から股間に舌を伸ばしペロペロ。「私に勝手にそんなことしてお仕置きよ」とさらに圧迫させてくれる彼女。その感触にさらに幸せを感じる私。 引用元:大阪 風俗Wiki

どんな風にイカせてくれるの?

「私の手マンコに入れてみたくない?」と聞いて来る彼女。『手マンコ』と言う初めて聞く何ともイヤラシイ単語。「入れたい!」と私は即答します。
グーにしたOちゃんの右手に「ニュル・・・」と入って行くチンコ。彼女は「はいっちゃった^^」と笑顔で私を見ています。「Oちゃんの中きもちいい・・・」と私。チンポから伝わって来るのは、まるでマンコに入れているかのような感覚。「腰つき上げてもっと突いて」と彼女が煽って来ます。
「騎乗位すき?」と聞いて来るOちゃんに、「めっちゃ好き」と答える私。『騎乗位素股かな・・・』とドキドキしていると、お尻をこちらに向けて来る彼女。『あれ?』と思っていると、ブルマのお尻が私の顔に乗って来ます。Oちゃんの言う『騎乗位』とは『顔面騎乗位』の事だったようです。
ブルマとお尻の感触を顔面で受け止める私。『これはこれで好きかも』と思っていると、彼女は手マンコでチンコを責めながら、「アソコに入ってるの想像してみて~」と悩ましい声で私を快楽へと誘います。
顔面騎乗位の体勢から私の右側へ降りて座るOちゃん。体操服とブルマを脱ぎ、ブラも脱いでTバックのみの姿になります。「お尻責めはどう?」と聞かれ、「軽くなら・・・」と答える私。正直アナル責めは苦手な方なのですが、美少女に責められる欲望の方が上回っています。
「足上げて自分で抱えてみて」と言われて、チングリ返しの体勢に入る私。お尻にローションの感触。ゆっくりと指で前立腺を責め立てて来る彼女。「見て見て」と言われて足元に目線をやると、Oちゃんのお口から大量の唾液が垂れています。亀頭に零れ落ちる美少女の唾液と絡み合う手マンコ。
「乳首舐めて三点責めしちゃおうかな~」と言って、お尻から指を抜く彼女。私のお尻にミニローター入れるとスイッチオン。前立腺から金玉辺りに響くローターの振動。これで私は手コキと手首責めを加えた三箇所同時責めを受けています。美少女に弄ばれるケツマンコ。
乳首から口を離しておっぱいの間で私の顔を挟むOちゃん。近すぎておっぱい全体が良く見えませんが、とても良い匂いがしています。この間もアナルローターと手マンコ責めは継続中。おっぱいが顔から離れると、次は可愛い美少女の顔が近付いて来ます。『ああキスしたい・・・』と思う私。お店のルールとして『お触り厳禁』なのでグッと我慢。しかし手マンコで責められているチンコは我慢出来ません。
ニヤリとした顔で「男の潮吹きした事ある?」と彼女が聞いて来ます。「した事無いわー」と言うと、「じゃあ挑戦してみよう」と言って、手マンコの動きを加速するOちゃん。私を抱きしめて手マンコで性交しています。「いやらしい音が出てるよ」と耳元で囁かれると、私の我慢は限界。発射に向けて突っ走ります。
「ああっ!」と叫ぶ私。「そんなに声出すと隣に聞こえちゃうよ?」と言いながら手マンコ責めは緩めない彼女。「手マンコに中出ししたい・・・」と言うと、「いいよ、思い切り中出しして」と、Oちゃんから発射の許可が下ります。歯を食いしばって「ああー!もう出る!」と叫ぶと、ずっと手コキされていたチンコから「びゅっ!びゅっ!びゅっ!」と数度に渡って発射されるザー汁。私の左腋辺りまで飛んで来るのを感じます。
『男の潮吹きに挑戦する』との言葉通り、射精が終っても止まらない手マンコ。余りにも刺激が強くて、「うぐうううううっ!!」と叫びながらのた打ち回る私。勢い余って電線が足に引っ掛かり、お尻から抜けて行くミニローター。「ココを越えたら吹くのに・・・」と少し残念そうな表情で手マンコ責めを止める彼女
残念ながら男の潮吹きは失敗してしまいましたが、「次は吹こうね^^」と言うOちゃんの笑顔で癒されます。 引用元:大阪 風俗Wiki

他にもプレイ報告が続々来ています。

「ほんとやらしいおちんぽ~」「ここどうなってるの~?」「いまどうなってるかわかる~?」気が付くとOちゃんの声がステレオで聞こえて来る事に気が付く私。「え?何?」訳も分からずに困惑していると、彼女によって外されるアイマスク。目の前の視界が広がって見えて来たのは、右にOちゃんが座り、左にもお姉さんの姿。「ええ!?福袋これかーすっかり忘れてたー」私はやっとここで福袋のシークレットオプションが、『乱入』であった事を知ります。
私の左側に座って乳首を摘んで来るのは、ウエーブの掛かったヘアスタイルで、村川梨衣似の可愛らしいお姉さん。Oちゃんが「Kちゃんだよ~」と紹介してくれます。『なんだこの天国・・・』二人の美女に囲まれてすっかりご機嫌な私。Kちゃんも「どうして欲しいの~?」言って乳首責めを開始。
二人の美女に左右の乳首を責められつつ、チンチンはOちゃんの手マンコでヌチャヌチャと責められています。Kちゃんに「私の責めはどう?」と聞かれ、「きもちいい」と答えれば、Oちゃんが拗ねるというコンビネーションで言葉責めを受ける私。
Kちゃんが上着を脱ぎ、おっぱいの谷間を私の顔に寄せて来ます。いつの間にか私の足元へ移動して、何かの準備をしているOちゃん。お尻の穴をグリグリと刺激される感覚。「あああ!」私が声を上げると、ずぬぬと挿入されて行くOちゃんの指。「もしかしてお尻で感じちゃってるの?」ブラを外しながら聞いて来るKちゃん。アヌスを責められると同時に、Dカップ位はありそうなKちゃんの美乳が私の顔を挟んで来ます。
ビンビンのチンチンを手コキされながらアヌスを責められている私。更には巨乳で顔をパフパフされていると、思わず腰を浮かせて発射態勢に入ってしまいます。そんな発射体勢を察知し、手の動きを止めて発射を寸止めにするOちゃん。「いまイこうとしてたでしょー?」「えー?まだ駄目だよ~」二人から同時に言われ、私は「気持ち良かったから、つい・・・」答えます。
「わたし、次の変態さんのとこにいかなあかんから帰るね^^」乱入痴女の言葉に、折角の乱入3Pプレイなので残念に思いながらも、「引き止めるのは別の変態さんに悪いから・・・」とKちゃんを見送る私。縄で縛られた両手でバイバイをして、Kちゃんとの楽しかった乱入プレイはここで終了です。 引用元:大阪 風俗Wiki

まさかの乱入プレイに興奮しました!

必殺技『逆手トルネード手コキ』

「足上げて~」言われて私が足を持ち上げると、上げた足の下に自分の膝を入れてお尻を持ち上げるJさん。更に熱いローションを足してから手コキを再開しつつ、彼女はアナル責めもスタートさせて来ます。徐々にアナルに指が入って来る感覚と、チンコを逆手に持ってシゴき上げて来る手コキの快楽で「あひぃ~っ!」悶絶してしまう私。Jさんはチンコを逆手に持ったまま手首を捻って上下させるトルネード手コキへと移行。ズニュッ!ズニュッ!ローションの粘りが卑猥な音を響かせているのが聞こえて来ます。同時にチンコからの気持ち良さも最高潮に達し、「アハハハ!」余りの快感に笑い出す私。笑ってしまうほど気持ちの良い責めによって射精感が急上昇。「ああっ!」私は両足に力を入れてうっかり発射体勢に入ってしまいます。そんなチンコの状態を察したのか、手コキの速度を緩めて射精感を抑えるJさん。
ズニュっとお尻から指が引き抜かれる感覚。『え?指抜けた?』と思ったら、今度は先程よりも強目のズニュっとした刺激をアナルから感じます。「あひいいっ!まだ入ってるん!?」私が尋ねると、「指が根元まで入ってるもん^^」嬉しそうに言って来る彼女。3回目のズニュっとした感触でやっと指が全部出ます。
アナル責めを終えたJさんは私の腰に跨って騎乗位の体勢へと変更。「オッパイ見たい?」彼女に聞かれ、「すごく・・・見たいです・・・」答える私。右手はローションまみれなので、左手のみを使って器用にブラを外すJさん。ブラを外すと目測でDカップ以上はありそうな生オッパイが登場。大きいのに重力に負けていない美乳です。彼女は前屈みになって、「パフパフ」と言いながらオッパイの谷間を私の顔に押し付けて来ます。巨乳の柔らかさとJさんの温もりを感じ、『このまま逝っても一切の悔いは無い・・・』そう思える安らぎと多幸感に包まれる私。
彼女はパフパフプレイを終えると、私の右側へ寄り添うように寝そべります。またチンコへローションを追加し、逆手トルネード手コキを再開するJさん。手コキをしながら私の乳首へ「ぁはぁ・・・」吐息を漏らして舌先で舐めて来ます。彼女はニュチュニュチュと手首の動きを加速するので、これまでで一番の気持ち良さを感じて自然と腰が浮く私。耳元でいやらしく喘ぎ声を囁いて来るJさんの声を聞きながら「んあああっ!」叫んで射精してしまいます。彼女の手の動きに合せるようにビュッ!ビュッ!と私の胸の上に飛び出すザーメン。 引用元:大阪 風俗Wiki

読んでたら勃起して来たwww

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「大阪その他」に関する風俗業種キーワード

「大阪その他」に関するマニアックキーワード